インテリアコーディネート実例集 − Coordinate

インテリアコーディネート#4 見せないキュリオケース

半年後にお引越しを控えたお客様の、リビングルームのコーディネートをさせていただきました。

コーナーソファ ボルボネーゼ 写真

まず、高層階の眺望を遮ることのないような、少し高さを抑えたコーナーソファに決まり、そのソファを中心にリビングをコーディネートしていくことになりました。

座面と背面にボルボネーゼを使った、ラグジュアリーなコーナーソファ。当社がご提供できる家具の中でも、最高品質のアイテムの1つです。

そのコーナーソファが映えるよう、テレビボードも最高品質のものを造作しました。花梨色のフローリングと近い色合いの表面材を使ったテレビボードは、壁面に合わせたサイズで設計しています。

テレビボード 写真

両脇の収納スペースは「あえて見せないキュリオケース」。
キュリオケースの戸をガラス戸ではなく板戸にしたことで、リビングがすっきりとした印象になりました。そして戸を開くと、お客様の洗練された感性により収集された食器のコレクションが、とても素敵に飾られています。

ただ飾るだけでも十分に美しいコレクションを、あえて見せないことで、戸を開けたときの驚きと、すっきりとした印象のリビングを演出しています。

家具の搬入を終え、お客様が今まで集めてこられたコレクションがリビングに飾られた時、これまで過ごされてきた時間がお部屋に宿ったようで、どこか暖かな雰囲気を感じました。

ページのトップへ